社会とのコミュニケーション

今までの取組

2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

2016年1月14日 高専生のための地域企業研究会への参加

 鹿児島工業高等専門学校において、来年度卒業予定の本科4年生、専攻科1年生を対象とし、学生のキャリアップと、地方創生推進事業(COC+)の取り組みの一環を目的とした地元企業の研究会に参加しました。

 当社も参加している、錦江湾テクノパーククラブ(KTC)会員企業16社がそれぞれのブースで事業内容や実績をPRしました。

 当社のブースにおいては、会社概要や主力事業、橋梁工事の概要、技術力向上に向けてのさまざまな取り組みについて、プレゼンテーションとパネルを使用した説明を行いました。

 参加された学生からは、受注工事の地域毎の割合や、現場技術者としての仕事ができるようになるまでに必要な経験年数など、さまざまな質問が寄せられました。

 当社にとっても、鹿児島県に本拠地を置く企業として、地方創生の推進に少しでも貢献できる機会となりました。

写真
写真

2015年7月22日 職場見学会の実施

しらさぎ橋上部工工事 鹿児島県霧島市隼人町

 霧島市のしらさぎ橋作業所において、現場近くの鹿児島工業高等専門学校都市環境デザイン工学科1年生及び建設工学専攻科の約50名を招いて現場見学会を実施しました。

 この見学会は土木工学と建築工学を専攻している学生たちに橋梁工事により興味をもっていただくことを目的に参加頂きました。

 当日は猛暑のなか、工事概要の説明、使用機材の実演や鉄筋組立といった施工体験、橋面上の見学を実施しました。

 建設業の将来を担う学生に、橋梁工事について興味をもって頂くよい機会となりました。

写真
写真