事業継続計画(BCP)

基本的な考え方

 大規模な地震が発生すると、会社の施設や従業員及びその家族が被害を受け、当社の事業活動に大きな影響が及ぶことが予想されます。

 当社は、災害が発生して事業が万一中断した場合、早期復旧のために事業継続に関する準備をしています。

 当社では、事業を継続することと、公共インフラおよび民間施主の復旧工事を通じて、経済・社会活動の早期復旧に協力するとともに、国および地方公共団体、民間施主の事業継続に貢献することを目指しています。

基本方針

 災害時の事業継続力を備え、建設会社として信頼性や社会的責任を果たす事を目指し、事業継続計画(BCP)に取り組んでいます。

  1. (1)被災地・被災者を対象とした応急対策活動に万全を尽くします。
  2. (2)国民の生命安全、財産保全等の国民生活や民間の経済活動が中断する事態をできるだけ避け、その早期回復に努めます。
  3. (3)当社の従業員(作業所の来客者を含む)の安全を確保します。
  4. (4)当社の業務継続性確保のため、必要な人員体制を整備し、業務資源を配分します。