基礎工事 COPITA型プレボーリング工法

【COPITA】

概  要

 平成24年3月に道路橋示方書・同解説(公益社団法人日本道路協会)が改訂され、新たな土木用のプレボーリング杭工法が掲載されました。このプレボーリング杭工法に適合した工法として 一般社団法人コンクリートパイル建設技術協会は、施工方法・管理手法を統一し『COPITA型プレボーリング杭工法(土木用プレボーリング杭工法』として規定しました。

工法規定の背景

 一般社団法人コンクリートパイル建設技術協会(COPITA)は、平成19年より、国立研究開発法人土木研究所 構造物メンテナンス研究センターとの共同研究により、プレボーリング杭工法の各種載荷試験を実施し、その支持力特性についての調査・解析を行ってきました。  また、道路橋示方書・同解説(平成24年3月)の改訂に伴い、杭工法の施工性や品質向上等を目的とした管理手法の確立が必要になりました。
 これらのことを鑑み、この度、COPITAでは、上記共同研究結果や管理手法等を取り入れた「COPITA型プレボーリング杭工法の施工ガイドライン」を作成し、COPITA型プレボーリング杭工法の規定に至りました。

適用範囲

 本工法は、杭径300~1000mmの既製コンクリート杭を用いるCOPITA型プレボーリング杭工法に対して 適用します。

特  徴

特  徴

工法の概要

 本工法は、杭径+100mmの径の掘削撹拌装置を用い、施工地盤内に適宜掘削液(一般に水)を注入しながら所定深度まで全長同径で掘削を行い、掘削撹拌された掘削孔を造成し、所定深度(支持層付近)において、根固め液(水セメント比W/C=60%程度のセメントミルクで掘削径×3D(Dは杭径)の体積の100%以上量)を注入して掘削底部に根固め部を造成、掘削撹拌装置を引き上げながら杭周固定液(W/C=100%程度のセメントミルクで杭周固定部掘削体積の40%以上量)を注入・撹拌して、地盤内にソイルセメント柱を造成します。  その後既製コンクリート杭(杭頭及び先端部に適宜金具を取り付けた先端開放杭)を掘削孔内に自沈又は回転圧入により建込み及び沈設を行い、定着させる工法です。

施工順序

施工順序