基礎工事部門

 弊社の基礎工事部門は、昭和44年から基礎杭施工業者として県内はもとより九州全域にわたり営業展開し豊富な施工実績を有しております。(旧社名:南日本基礎工業(株))
 近年構造物も大型化となって、それに伴い基礎工事も大口径が主流となってきております。コンクリート杭工事、鋼管杭工事、地盤改良工事等、構造物を支える 基礎工事を、さまざまな各種工法と豊富な経験をもとに今後もお客様・時代のニーズに応えて行きます。

基礎工事とは

 基礎とは、土木構造物や建築構造物を支持し安定させるための土台となる部分の事です。構造物を安定させるには、地盤調査を行い、その地盤と建物の条件に適した土台(基礎)づくりが重要です。
 日本の主要都市のほとんどは、河川下流の沖積層平野部に発達しています。沖積層とは約2万年前以降に堆積した比較的新しい地層であり一般的に軟弱層である事が多い地層です。また日本列島は、世界的にも地震発生の多い国となっています。 そんな日本で、都市部のビルや大型建築物など地盤の強度に対して重量のある構造物を支えるために各種認定工法が活用されています。構造物を支える大事な基礎土台、それが基礎工事です。